※このあらすじは、私が勉強中に疑問に思ったこと、失敗したこと、また解決したことなどをかなり細かくメモのように書いております。この雑記が誰かの役に立てれば幸いですw




2000年頃 学生時代
  • 英語の授業やってるときは基本マンガ読むか、寝てた記憶しかない。テストはほとんど20点ぐらいだったと思うw
  • 興味はあったが高校英語などわかるはずもなく、すっかり置いてけぼりである。
2005年頃 成人以降
  • 英語を使う機会もなくアルファベットも怪しい。でも喋りたい願望は常にあった。
  • 映画は洋画、音楽は洋楽とにかく憧れだけはあった。
  • 20代半ばitalkという英語コミュティサイトに登録してフィリピン人と翻訳を使ってチャットしてたけど何の意味があったのだろうw
2014年5月頃
  • 20台後半ぐらい やっぱり英語やりたいと思って試しに生まれて初めてTOEICを受ける そして200点を叩き出しやっぱり諦める。
  • テスト前に少しは勉強したけどとりあえずどんなもんか受けてみたかったw
2018年11月25日
  • この年になってやりたいことが見つかったので一念発起で英語を勉強することを決意!このブログを立ち上げる。
  • 中学の英文法書からお勉強!何も覚えてなくて参考書が新鮮すぎる。
2018年11月30日
  • 少しずつだけど瞬間英作文が早く出来るようになってきた。語彙や熟語はまだまだ。とにかく基本の英文法を叩き込む
  • やさしい英文法書ののち詳しい英文法書を見る。わからないところは多いが、飛ばして全体をフワッと把握するとわからないところが自然とわかってくる。
  • ↑の繰り返し。
  • 瞬間英作文は英文法定着には素晴らしいチカラを発揮する。英作文も文法理解の一部なのだと気づく。

 

■英文法 9時間10分
くわしい中学英文法 6時間10分
中学英語をもう一度 3時間
■瞬間英作文 9時間
瞬間英作文(青)  9時間
■総勉強時間
5日 18時間10分 1日 約3時間40分

 

2018年12月
  • 瞬間英作文(音声)を軸にひたすら繰り返し、文字ではなく音声だけでの訓練になれると手放しで勉強できる。
  • 繰り返すうちにだんだん理解してくる。聞き流すだけではなく意味や文を想像することでより洗練されてくる。
  • 英語の語順などが自然と身につく。問題集での英文並び替えも自然にできる。おかしいと何かがおかしいと感覚的に気づく。
  • 文法を覚えてDUOをやると凄く楽しいw文法を覚えてないと逆につらいと思う。ある程度文法理解した上でDUOは書いてあるので。
  • 瞬間英作文と英文法書でサラリと勉強したが、問題集も始める。わからないところを洗い出したいため。
  • 中2までの瞬間英作文はなんとかサラサラとできるようになる。文型ごとのシャッフルを繰り返しやる(音声)今はほとんど本を開かないで音声のみで訓練。わからないところだけ本を見る習慣になっている。
  • もうすぐ英語学習1か月目となるが続いている、やはり最初の方向性の確認とそして日々今好きなことをやっていると自分に対してつぶやくことで勉強をしている感覚より早く英語を話したい覚えたいという感覚で勉強を楽しくやっている。ほしこメソッドが完成しつつあるww
  • 補語とか目的語とか副詞とかは、最初はわからないで良いことが分かった。なんとなく意識していれば学習しているうちに理解してくる。わからないところはとことん無視してあとで理解してくるまで待つことも学習には大切であることが分かった。
  • 復習は短い期間にたくさんより、長い期間にそこそこがいい。例えば同じところを一週間ずっと繰り返すより、全体を軽く一周してを1か月ぐらいで続けた方がいい。長期記憶。
  • 英語の単語は一つの意味にとらわれないこと、人と接するように色々な一面を見てその単語の概念を理解するのがいい。
  • 12/23 この時点で瞬間英作文を55時間程やった、やはり問題集の並べ替え問題でもすごいチカラを発揮する。また動詞とか副詞とかを自然と意識して使えるようになる。
  • ある日突然英語が使えるようになるとは思えないが、この自然と身につくという小さい体験がどんどん大きくなっていくのだろうと思う。
  • 今のところ中二までの文型を繰り返し練習している、中3は基礎の応用なので絶対活きると信じて復習している。中二までの瞬間英作文の文型シャッフルを終わったら、中3の文型に挑戦し、瞬間英作文(青)を一冊通しでやってみたい。
  • あとおかわりか、シャッフルトレーニングをそろそろ買おうか悩み中。
  • 文の構造を理解して、文を組み立てながら英作文することで英語が理解できてくることを考えると留学するだけでまたは聞き流すだけで英語が喋れるようになるというのは「物理的に難しいだろう」と納得したww
  • 例え基礎的な部分を何度もやったとしても自分無駄な勉強はないことを悟るw一度難しすぎて理解出来ないところは回り道するか基礎を最初からおさらいして再度その部分をやると理解出来たりする!
  • 効率的にやるより、続けることが大事だと思った。難しくて解けない問題が続くと続けるのが苦痛になってくるので簡単な問題を解いたり他の部分やったりといった回り道もかなり大事。
  • 効率的に勉強するにはどうしたらいいのか考えるより、続けるためにどうしたらいいか、たくさんやるためにはどうしたらいいか考えた方が良い。
  • 12/27 中3レベルの瞬間英作文に突入した。やはり基礎をやったおかげでかなり理解できる。というよりあれ?結構簡単だなって感じだw最初開いたときはサッパリわからなかったのにw
  • 1種類だけの勉強をずっとやり続けるのは意外と難しいことが分かった。かなり飽きてくるwというより集中力が続かないし、またこれやるのか~みたいな感じがあるのでなかなか勉強が進まない。何種類かの勉強と組み合わせるのがやはりいいみたい!
  • 休憩は絶対すること。5分でもいいから休憩しながらやると長時間できる。
■語彙    22時間20分

語彙DUO      22時間20分

■英文法   20時間50分

フォレスト     1時間

くわしい中学問題集 9時間20分

くわしい中学英文法 10時間30分

■瞬間英作文 72時間

瞬間英作文(青)  72時間

■12月の総勉強時間
31日 115時間10分 1日平均 約3時間43分

 




2019年1月
  • 元旦からいきなり風邪1月2日までお勉強できずww出来るだけ早く治そう。
  • 出来れば6時間ぐらい一日勉強できるようにしたい。(目標)
  • 問題集が一冊終わった。もちろん何回もやることになるんだけど、途方もないように感じてコツコツやるとちゃんと終わる、そして2週目が滅茶苦茶早いw多少理解しているので2週目はガンガン進む。
  • 問題集の勉強法は、分かったところは黄色のマーカーでぬってわからないとこは青のマーカーという感じでやっている。あとからわからないところを分かるまで復習といった感じ。
  • 勉強時間を延ばすのは、時間を作るという感じより目的をはっきりさせると伸びるのかもしれない。例えば早くしゃべれるようになりたいとか、早く理解したいとか。
  • 1/16 目標としていた勉強時間6時間を超えることができました。やはり時間をつくるより早くしべれるようになりたといった動機を強く持つのが有効ですかね~。
  • 今のところ中学英語の問題集ならば7割ほどできるようになる。英文の組み立てができるようになる。(総勉強時間約175時間 現在まで)
  • 1/20 勉強の効率より、続けられるにはどうしたらいいかと考えると勉強はたくさんできるようになると思った。
  • 1/20 94時間で瞬間英作文(青)をざっくりと一通りやった。まだまだやらければいけないけどまーまーの達成感で気持ちいいw
  • 1/20 自分に甘く勉強することによって9時間ぐらいは勉強できることが分かった。
  • 1/20 やりたくない勉強は絶対にやってはいけない。好きな勉強からやる。無駄な学習は基本的にはないと思っている。
  • 1/20 フォレストは深い。今まで簡単に習ってきたモノの色々な面が浮き出てくる。もっと理解してやらないと使いこなせない。フォレストは何回も読み込まないといかんな~。その代わりリターンは凄まじいと思うw
  • 1/22 リスニングのやり方で試行錯誤中!
  • 1/22 文法も中学から高校へレベルアップしました。新しく覚える部分は結構苦痛に感じるときもあるけど、楽観的に勉強した方が良いと思う。例えばわからなければ、わからなくていいやと思ってその部分を飛ばすぐらいの感じでやるといい。あまり厳密に覚えていこうという感じでやると結構辛く感じる。
  • 1/30 やはり発音の練習は飽きるのが早い。しかしリスニングには多大な影響があると思う。口の動きを想像できるので聞き間違えは少なくなった。
  • 1/30 瞬間英作文(青)は100時間以上やってもスラスラ喋ることはできないが文型は頭に入るし、英語の基礎ができたと思う。
  • 1/30 瞬間英作文関連で、音で聞いて文を作るのと、文を見て考えるのは全然違う(当たり前だけど)でもこれがスピードが重要ってことであって、スラスラ出てくるということなのかもしれない。シャッフルトレーニング(瞬間英作文緑)で鍛えるとしよう。
  • 1/30 ちょっと長文をやらないといけないんじゃないかと思った。英語の処理能力を上げたい!
■2019年1月の総おべんきょう時間

■発音

ODA式発音トレ   6時間40分

ODA式発音DVD   1時間30分

■リスニング、音読、シャドーイング

音読パッケージ   5時間40分

■単語、ボキャビル

語彙DUO      1時間50分

ターゲット1100   5時間30分

■英作文

瞬間英作文()  28時間20分

瞬間英作文()  5時間30分

■問題集

くわしい中学問題集 20時間13分

くわしい中学英文法

(練習問題部分)  10時間20分

ハイクラス問題集  14時間20分

フォレスト問題集  30分

■英文法

フォレスト     33時間50分

高校英語をもう一度 8時間40分

2019年1月勉強時間 合計 142時間53分

勉強稼働日 29日(2日休み)

1日平均勉強時間 約4時間55分

 

2019年2月
  • 2/1 瞬間英作文(緑)シャッフルトレーニングを本格的にやる。瞬間的に英文を作れる回路がまだ未熟なのかもしれないと思う。
  • 2/5 リスニングはとにかく「聞いたことがある」を増やすこと。
  • 2/5 モチベーション上げる系の文字や動画やサイトは学習初期には効果が薄い(最初はやる気満々になるがすぐなくなる)が後半は効果が結構あるかもしれない。
  • 2/5 手が空いたら耳からも勉強。
  • 2/5 いまだに辛いと思うことも、辞めたいと思うこともなく続けられている。
  • 2/5 文法はある程度やるとわかったような感じになるが実際は結構奥が深い。
  • 2/7 参考書で初学者の目線に本当に立っているものは意外と少ない。だからできるだけ細かくここに書こうと思った。
  • 2/7 シャドーイングは最初は本当に難しい。色々な作業を同時やるのはドラムを叩くようで(*´Д`)でも3日~1週間ぐらい我慢して続けると効果が出てくる、なんといっても聞く力が凄いつく。
  • 2//7 シャドーイングのでわかることは、リズム、イントネーション、自分が聞き取れていない単語や文、音がくっついている部分、はっきり発音しない部分、脱落した音、音の記憶、など一つの訓練で少なくともこれだけの事ができる。これはやらないと損だろう(*´Д`)
  • 2/7 10時間勉強するっていうのは案外キツイ。でもそのうち達成したい。
  • 2/7 フォレストは、読むだけでなく、設問も同時にやると理解が深まる、最初に全部読んでからでもいいけど。読むだけだとガンガンページが進んでモチベーション維持にいい、設問も同時にやるとちょっと進むペースが遅くなるが、理解はぐっと高くなる。どちらかは好み。
  • 2/10 フォレスト設問は解説がないので、お金に余裕がある人はフォレスト問題集を買うのがおすすめ、回答が別紙ではなく、隣りのページに載っているので参照しやすい、とても効率的。
  • 2/10 勉強は負荷が大きすぎるモノは続かないと思った。もちろん自分のlevelによるけど、ちゃんと段階を踏んでやることがいい。全然進まないとか思ったらすぐやめてもう少し簡単な勉強からやろう。
  • 2/10 発音に関して、のどができてくるというか、発音をひたすらまねていたら、発音がどんどん楽になってきた。それもちゃんとシャドーイングで量をこなすのが大事だった。
  • 2/10 きっと英語のコアはシャドーイング
  • 2/10 やはり色々な種類のお勉強は必要である。勉強時間が増える。
  • 2/11 同じ勉強が飽きたり、進まなくなったり、辛くなったら他の勉強をする、やりたいと思ったらまたやるようにする。
  • 2/13 リスニングは何回か聞くとちょっと聞こえてくるというのを体感した日だった。シャドーイングするともっとこれが良く聞こえるようになりそう。そろそろ単語のシャドーイングからセンテンスのシャドーイングに移っていく。
  • 2/13 空き時間、私の場合デスクトップPCが置いてある机で勉強しているのでPCを使ったちょっとした勉強はできないかと模索中、とりあえずweblio単語帳で空き時間に単語覚えてるがこれは最高!もっと早くやっておけばよかった(*´Д`)
  • 2/13 独学はかなりの無駄、勉強の非効率がある。でもその分のメリットはいっぱいある、コスパなど。そして非効率がすべていけないわけではないが、できるだけ続けれるようなシステムで英語を覚えれるような一連の勉強手順的なものをこのブログに載せていきたいと思っている。
  • 2/13 東大生の勉強法とか、自分には全然合わない。ていうか出来ない。そしてストイックにやる方法も自分には合わない。元来怠け者なのだ、そういうのが出来たら学生時代からやっている。だから怠け者、勉強できないやつには、そういう人用のやり方があるのだと改めて悟ったww
  • 2/14 その参考書や問題集等の本の負荷にもよるが、むずかったら2~3割、わかるものは6~7割でもわかったら次へ進むようにすること。とりあえず、先に進むことを考える方が勉強には良い。
  • 2/14 ながら勉、スキマ時間の活用、片手で出来るような勉強を常に考えていきたい。
  • 2/15 負荷の高い学習法は良くない、出来ればすいすい進むのがベスト、それが出来ない場合、すいすい進むように工夫する。
  • 2/15 独学の場合、カウンセリングを受けているわけではないので、その人がどういうレベルなのか、学習状況なのかはわからない状態である。だから学習初期に負荷の高い学習メニューをやったりする。というのが分かった日だった。
  • 2/15 負荷の高い学習法を変える場合、参考書や問題集を変えるだけではなく、自分で工夫してこの部分だけやるとかだいたい通してやってみるとかという工夫をすると良い。
  • 2/15 まぁとにかく、勉強法のことにもちゃんと頭を使っていこうということ(*´Д`)
  • 2/16 とりあえず近々の目標で、2018年11月25日から英語学習を開始したので6か月の節目にTOEICを受けます。丁度実施日が5月26日のやつがあってラッキーでした(*´Д`)それまで頑張ります!やる気が出てきたw
  • 2/17 文法の覚え方は、最初に教科書をすべて通読するのではなく、パートごとに問題集を併用してやっていく方が効果がある。
  • ↑今ここ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です