英語学習を始めるなら、または復習するならこの一冊ではないでしょうか


さあ英語を始めようという方へのとっかかりとしてはこれ以上の教科書はないと思います。

まずは、この教科書でさらりと英語全体を捕らえるのがいいのかなと!

表紙はこんな感じです。

モノが汚くてごめんなさい(>_<)もともと中古で買った本で、まぁボロボロです(´・ω・`)

左が本体で右が回答になります。

この本の何が学習初心者に良いかというと、次の画像を見て頂ければすぐ分かります。

 

作りがとてもシンプルなのです。文字数より絵の方がスペースを使っています(*´Д`)

必要最低限の文字で文型を説明し、出来るだけビジュアルに訴える作りになっています。

左ページで説明した後すぐ右ページは練習問題になります。

索引などを入れると全部で300ページ程のまぁまぁ厚めの本にはなりますが、すいすいと進んで勉強していけるのでモチベーションは保ちやすいかと思われます。

 

じゃあ絵ばかりで内容が薄いんじゃない?と思われそうですが

間違いやすい部分や注意すべきところなどもシンプルな説明で補われています。さらに

セクションごとに復習テストがあり、またそのセクションの文型などの少し詳しい説明も書いてあります。

回答はこのような感じです↓

ほぼ回答だけのシンプルな作りです。

本当にどんどん進めることができます。私の場合は大体3日程で一周できる感じでした。

勉強する上で効率よりやはり続くかどうかが一番だと思うのでその点でもかなり評価が高い一冊だと思います。

文型の説明の部分は挿絵を多く使って本当にシンプルでわかりやすいのでもう少し載せておきます。

私はこれで大体の基礎を学んで今詳しい英文法書で勉強しています。この本で基本を学んだおかげですいすいと読み進めることが出来ています(>_<)

レビューは以上になります。少しでも英語学習者さんの教科書選びの参考になれば幸いです(*´Д`)

 

 

▶その他の参考書レビューはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です